診療内容

歯科用マイクロスコープの導入

歯科用マイクロスコープとは、歯科用顕微鏡のことで、肉眼では難しいミリ単位の治療を可能にする機材です。

マイクロスコープ

マイクロスコープ

歯科治療では小さく暗い口内で治療を行うため、肉眼に頼った治療にはどうしても限界があります。
これを拡大して視認性を高めるのが歯科用マイクロスコープです。

ブリストルデンタルクリニックでは「東京歯材社製」の最新マイクロスコープを導入いたしました。
最大約22倍の拡大が可能です。
今後は必要のある患者様には、歯科用マイクロスコープを用いた治療のご提案をさせていただきます。

CTの導入

CTとは

コンピューター断層撮影法(Computed Tomography)の略で、レントゲン撮影のデータをコンピューターで処理、画像再構成を行い、立体的に見せることができる技術です。

CTイメージ

従来のレントゲン画像は、一方向からの影絵のようなものでした。しかし、歯科用CTを用いることで、歯や顎の骨を三次元的に画像化することで立体的に捉えることができるようになり、従来の二次元的レントゲン画像では重なってしまってはっきりと見ることができなかった部分も、見分けることができます。

また、顎の骨の厚みや細部の凹凸などを立体的に捉えることもできます。そのため従来のレントゲン画像では分からなかった病巣や歯・骨の状態などを様々な角度から見ることができ、より多くの詳細な情報をもとに、より正確な診断を行うことが可能になりました。


歯科用CTの有効性

歯科用CTを用いた検査は、保険診療においても、困難な智歯(親知らず)の抜歯、根管治療(歯の根の先の炎症によって痛みや脹れを引き起こす病気根の治療)、歯周病の治療、顎関節症の診断などで役立ちます。

歯科用CTイメージ

また、特に安全性と正確性が求められるインプラント治療では、術前に歯科用CTによる三次元的診断を行うことで、インプラントを埋入する場所の骨の高さや厚み、神経や血管が通っている下顎管までの距離、上顎の空洞(上顎洞)の位置などを精査することができ、より確実で安全な治療計画を立てることが可能になりました。

さらに、立体的なイメージ画像をお見せすることで、患者様にご自分のお口の中の状況をより深く理解していたくことができるようになりました。

歯科用CTの安全性

歯科用CTは顎と顔面の領域の撮影に特化しておりますので、副胸部等の医科用CTと比較しても放射線量が少なく、安全性の高い装置として安心してご利用いただけます。

診療の種類

当クリニックでは、専門機器を使用したお口のクリーニング「PMTC」を行っています。

PMTCは歯を徹底的にクリーニングして口臭の原因をなくすだけでなく、フッ素を塗布することで虫歯予防もできます。

PMTCを受け続けた人とそうでない人とで比較すると、受けていない人は6年間で歯ぐきが1.3mmも減ってしまったのに対し、受け続けた人は6年前よりも歯ぐきが回復していたという報告もあります。

お口を清潔に保つためだけでなく、将来の健康のためにもPMTCをご検討ください。

 

一般歯科

一般的なむし歯・歯周病に関する治療です。できるだけ歯を削らず、抜かず、神経を取らずという治療方針(MI)を実践しています。

また、患者様のご希望をまず第一に考え、その症例にあった治療法を何通りか提示し、選択していただきます。

 

 

一般歯科

 

小児歯科

小児歯科治療は、小児の健全な成長発育にとって大変重要であると最近は大変注目されております。

乳歯が生えてくる1歳ぐらいから大人の歯に生え変わる12歳ぐらいまでが小児歯科の範囲ですが、一般歯科と矯正歯科との関係を大切に考えております。お子様のお口のコントロールは大変です。

当院では、定期的なフッ素塗布による予防を第一に考えております。

お子様にとって歯科治療は不安そのもの、スムーズに治療を受けられるお子様はほとんどいません。当院は、お子様の心理面を十分に考慮し、やさしく痛くないようにお子様に接するように心がけています。

小児歯科

 

歯周病(歯槽膿漏)

歯周病は、プラーク(歯垢)や歯石の中にいる細菌が引き起こす感染症で、歯ぐきやあごの骨などを支えている組織へ炎症がおこります。

最初は痛みなどの自覚症状がほとんどないため気づかない人が多いのですが、日本では歯を失う原因の1位になっている怖い病気です。歯ぐきが腫れていたり、歯磨きをすると血が出たり、口臭が気になる……。

そんな症状がある場合、歯周病にかかっている危険性があります。また、インプラント治療終了後のケアも大切です。

いつまでも健康な歯を保つためにも、少しでも違和感があったら当クリニックまでご相談ください。歯周病治療の経験豊富な医師が、できる限り負担の少ない治療を行います。

歯周病(歯槽膿漏)

 

根管治療(こんかんちりょう)

重度の虫歯になったときに歯を抜くことなく治療するための処置です。虫歯が進むと、歯の中にある神経まで細菌に冒されてしまいます。そのままでは抜歯しなければならなくなってしまうため、神経を取って歯の中を洗浄し、神経の代わりに薬を詰めてフタをします。

当クリニックが大切にしているのは、「患者様の歯を残す」こと。根管治療は重度の虫歯でも歯を抜かずに治療できるため、当クリニックでは重度の虫歯の患者様に根管治療をご提案しています。

根管治療は「歯の基礎治療」と言われ、家を建てる際の基礎工事と同じように重要だとされています。基礎がしっかりしていないと、どんなに立派な家でも地震などで簡単に崩れてしまいますが、それは歯も同じ。根管治療は、自分の歯をいつまでも残すために重要な治療なのです。

また、根管治療は肉眼では見えない部分の治療になるため難易度が高く、治療がうまくいかない可能性もゼロではありません。当クリニックでは、安全性を高めた治療を心がけています。

根管治療(こんかんちりょう)

 

審美歯科及びホワイトニング

  • ホワイトニングとは歯を削ることなく歯を白くする方法です。また、審美歯科とは、歯の美しさに焦点を当てた統合的な歯科医療分野の事を指します。
    ここでは、歯を削ったり色を塗ったりはしないで、歯の白さを引き出し、より美しくなっていただくためのホワイトニングについてご説明いたします。

審美歯科及びホワイトニング

 

虫歯や歯周病の対処法

日本において、虫歯はかかったことのない人のほうが少ないほど一般的な病気です。しかし、歯科先進国であるフィンランドにおける虫歯患者の数は、日本の約4分の1。この差を生み出しているのは、予防法の違いです。

フィンランドでは、治療のためだけでなく予防のために歯科医院に通うのが一般的。この習慣が浸透しているからこそ、虫歯の数を大幅に減らすことができているのです。自分自身でしっかりケアをすることは当然。さらに、歯医者さんで予防処置を受けることで、日本でも虫歯や歯周病の患者数は大幅に減少するはずです。

定期的に予防処置を行うと、トラブルが未然に防げて健康な状態を維持できます。虫歯や歯周病のような病気になってから治療をすると、歯や歯の周辺の組織がダメージを受けてしまうのです。

プロの手による専門機器を使用したクリーニングが受けられ、普段の歯磨きでは除去できない汚れまで取れるため、お口がスッキリします。口臭の改善にも効果的です。

虫歯や歯周病が重度になると、治療には時間も費用もかかるようになってしまいます。未然に予防できれば、身体的・金銭的な負担は軽減できるのです。

気になる口臭には、原因となるものがいくつかあり、原因によって対処法も異なります。

 病気などではなく、誰にでも起こる口臭です。

  • お口の乾燥
  • 空腹時の消化液の分泌
虫歯や歯周病の対処法
  • 歯磨き
  • 検査
  • お口のクリーニング

 摂取したものによって起こる口臭です。

  • ニオイの強い飲食物
  • たばこ
虫歯や歯周病の対処法
  • 歯磨き
  • お口のクリーニング

 病気によって起こる口臭で、治療が必要です。

  • 虫歯や歯周病など
  • 不良補綴物
  • 糖尿病や肝機能障害など
虫歯や歯周病の対処法
  • 検査
  • 虫歯・歯周病などの治療
  • 内科治療

住所:札幌市東区北四十九条東14丁目11-1  電話:011-751-4618

Copyright © ブリストルデンタルクリニック All rights reserved.